あなたのブラウザはJavaScriptをサポートしていないか、JavaScriptの設定が有効になっていません。

このページはJavaScriptを使用しているため、NN4かIE4以上のブラウザで、JavaScriptの設定を有効にしてご覧ください。

検査項目レファレンス/総合検査案内


  
免疫学的検査/血漿蛋白

フェリチン

[0115-6]
検体・容器
  血清    0.4mL
ポリスピッツ
冷蔵
備考
 鉄欠乏性貧血および貧血のない鉄欠乏の診断基準は12ng/mL 未満です。
[鉄剤の適正使用による貧血治療指針(日本鉄バイオサイエンス学会)]



  検査方法: CLEIA
  基準値:
M 39.4~340
F 3.6~114(ng/mL)
  所要日数: 2~4
  実施料: 116点
  判断料: 生化学的検査(Ⅰ)判断料144点
  区分: D007(32)
  レセプト名: フェリチン定量

  臨床意義
 
フェリチンは,内部に鉄を貯蔵する中空部分をもつ分子量約44万の可溶性蛋白である。2種のサブユニットH型(心型)と,L型(肝型)が24個集合している。アイソザイムにならって,イソフェリチンとも呼ばれる。
フェリチンは,肝臓・脾臓に多量存在し,腸粘膜・胎盤・心臓・腎・赤血球など広く分布しており,体内の貯蔵鉄量との間に一定の関係(成人の血清フェリチン1mg/ml=貯蔵鉄8mg/ml)があり潜在的鉄欠乏症や,鉄過剰症の診断には欠かせない検査である。また,急性・慢性骨髄性白血病,肝癌,膵癌での治療効果・モニタリングにも有用である。
  異常値を示す病態・疾患
 
上昇する疾患
腎疾患、再生不良性貧血、骨髄線維症、細網肉腫、多発性骨髄腫、鉄芽球性貧血、白血病、急性膵炎、慢性肝炎、悪性貧血、膵癌、不良性貧血、肝硬変、肝癌、胃癌、悪性リンパ腫、ホジキン病、ヘモクロマトージス、急性肝炎、感染症
減少する疾患
発作性夜間血色素尿症、真性多血症、妊娠、鉄欠乏性貧血
参考文献
     唐澤 美佳 他:医療と検査機器・試薬 29(5):493~497,2006.
  関連項目
  ビタミンB12AFP鉄(Fe)TIBCUIBC鉄(Fe)γ-SmBFP

(c)SRL.Inc,2014.

  臨床意義
 
フェリチンは,内部に鉄を貯蔵する中空部分をもつ分子量約44万の可溶性蛋白である。2種のサブユニットH型(心型)と,L型(肝型)が24個集合している。アイソザイムにならって,イソフェリチンとも呼ばれる。
フェリチンは,肝臓・脾臓に多量存在し,腸粘膜・胎盤・心臓・腎・赤血球など広く分布しており,体内の貯蔵鉄量との間に一定の関係(成人の血清フェリチン1mg/ml=貯蔵鉄8mg/ml)があり潜在的鉄欠乏症や,鉄過剰症の診断には欠かせない検査である。また,急性・慢性骨髄性白血病,肝癌,膵癌での治療効果・モニタリングにも有用である。
  異常値を示す病態・疾患
 
上昇する疾患
腎疾患、再生不良性貧血、骨髄線維症、細網肉腫、多発性骨髄腫、鉄芽球性貧血、白血病、急性膵炎、慢性肝炎、悪性貧血、膵癌、不良性貧血、肝硬変、肝癌、胃癌、悪性リンパ腫、ホジキン病、ヘモクロマトージス、急性肝炎、感染症
減少する疾患
発作性夜間血色素尿症、真性多血症、妊娠、鉄欠乏性貧血
参考文献
     唐澤 美佳 他:医療と検査機器・試薬 29(5):493~497,2006.
  関連項目
    ビタミンB12AFP鉄(Fe)TIBCUIBC鉄(Fe)γ-SmBFP

  検査方法: CLEIA
  基準値:
M 39.4~340
F 3.6~114(ng/mL)
  所要日数: 2~4
  実施料: 116点
  判断料: 生化学的検査(Ⅰ)判断料144点
  区分: D007(32)
  レセプト名: フェリチン定量

検体・容器 
血清    0.4mL
ポリスピッツ
冷蔵
備考
 鉄欠乏性貧血および貧血のない鉄欠乏の診断基準は12ng/mL 未満です。
[鉄剤の適正使用による貧血治療指針(日本鉄バイオサイエンス学会)]



(c)SRL.Inc,2014.