あなたのブラウザはJavaScriptをサポートしていないか、JavaScriptの設定が有効になっていません。

このページはJavaScriptを使用しているため、NN4かIE4以上のブラウザで、JavaScriptの設定を有効にしてご覧ください。

検査項目レファレンス/総合検査案内


  
薬物検査/抗生物質製剤

バンコマイシン

[0488-7]
検体・容器
  血清    0.4mL
ポリスピッツ
冷蔵
備考
 採血時刻 点滴静注後1~2時間(Peak濃度)次回投与直前(Trough濃度)
緊急報告検査
塩酸バンコマイシン

 
採血容器についての注意事項  血清分離剤入り容器の使用は避けてください。薬物検査において,測定値に影響を及ぼす場合があります。
採血時刻についての注意事項  1.TDM(血中薬物濃度モニター)における採血時間です。 
2.連続投与においては定常状態到達後,採血を行ってください。 
3.中毒時はPeak濃度も測定する必要があります。 
4.標準的な時間であり,患者状況にあわせて採血するのが望ましいと思われます。


  検査方法: EIA
  基準値:
Peak 25~40
Trough 10以下(μg/mL)
  所要日数: 2~4
 
  実施料:
  区分: B001(02),B001(02)
  レセプト名: アミノ配糖体抗生物質,特定薬剤治療管理料

  臨床意義
 
バンコマイシンはグリコペプチド系抗生物質、細菌の細胞分裂時の細胞壁mucopeptide合成の初期段階を阻害し、好気性及び嫌気性のグラム陽性菌に殺菌作用があり、特にMRSAには有効な抗生物質である。
参考文献
     木村 英樹 他:日本臨床検査自動化学会誌 33(5):860~864 2008
     島田 馨:Chemotherapy 40-1-86~101 1992

(c)SRL.Inc,2014.

  臨床意義
 
バンコマイシンはグリコペプチド系抗生物質、細菌の細胞分裂時の細胞壁mucopeptide合成の初期段階を阻害し、好気性及び嫌気性のグラム陽性菌に殺菌作用があり、特にMRSAには有効な抗生物質である。
参考文献
     木村 英樹 他:日本臨床検査自動化学会誌 33(5):860~864 2008
     島田 馨:Chemotherapy 40-1-86~101 1992

  検査方法: EIA
  基準値:
Peak 25~40
Trough 10以下(μg/mL)
  所要日数: 2~4
 
  実施料:
  区分: B001(02),B001(02)
  レセプト名: アミノ配糖体抗生物質,特定薬剤治療管理料

検体・容器 
血清    0.4mL
ポリスピッツ
冷蔵
備考
 採血時刻 点滴静注後1~2時間(Peak濃度)次回投与直前(Trough濃度)
緊急報告検査
塩酸バンコマイシン

 
採血容器についての注意事項  血清分離剤入り容器の使用は避けてください。薬物検査において,測定値に影響を及ぼす場合があります。
採血時刻についての注意事項  1.TDM(血中薬物濃度モニター)における採血時間です。 
2.連続投与においては定常状態到達後,採血を行ってください。 
3.中毒時はPeak濃度も測定する必要があります。 
4.標準的な時間であり,患者状況にあわせて採血するのが望ましいと思われます。


(c)SRL.Inc,2014.