あなたのブラウザはJavaScriptをサポートしていないか、JavaScriptの設定が有効になっていません。

このページはJavaScriptを使用しているため、NN4かIE4以上のブラウザで、JavaScriptの設定を有効にしてご覧ください。

検査項目レファレンス/総合検査案内


  
腫瘍関連検査/腫瘍関連検査

シフラ(CYFRA) (サイトケラチン19フラグメント)

[2542-9]
検体・容器
  血清    0.8mL
ポリスピッツ
冷蔵
備考
 検体の混和・攪拌により低値傾向を示す場合がありますので検体の取り扱いにはご注意ください。



  検査方法: CLEIA
  基準値:
3.5以下(ng/mL)
  所要日数: 2~4
 
  実施料: 175点,(1)1項目の場合 360点 (2)2項目以上の場合 400点
  判断料: 生化学的検査(Ⅱ)判断料144点
  区分: D009(14),B001(03ロ)
  レセプト名: サイトケラチン19フラグメント(シフラ),悪性腫瘍特異物質治療管理料(その他のもの)

  臨床意義
 
サイトケラチンは主に,単一上皮細胞の細胞骨格を構成するケラチン繊維蛋白で,19種の亜分画が存在する。このサイトケラチンの発現が肺癌に特異性が高く,特に扁平上皮癌で特異性が高くSCCとは相関性がない。また,肺良性疾患の偽陽性率が低く肺癌特異性が高い。
  異常値を示す病態・疾患
 
高値疾患
卵巣癌、乳癌、肺小細胞癌、肺腺癌、肺扁平上皮癌
参考文献
     黒田 雅顕:医療と検査機器・試薬29(6):597~602,2006
     河合 忠 他:臨床検査機器・試薬 16-6-1232~1238 1993
  関連項目
  NSE(神経特異エノラ-ゼ)SCCガストリン放出ペプチド前駆体(ProGRP)癌胎児性抗原(CEA)シアリルLex-i抗原(SLX)

(c)SRL.Inc,2014.

  臨床意義
 
サイトケラチンは主に,単一上皮細胞の細胞骨格を構成するケラチン繊維蛋白で,19種の亜分画が存在する。このサイトケラチンの発現が肺癌に特異性が高く,特に扁平上皮癌で特異性が高くSCCとは相関性がない。また,肺良性疾患の偽陽性率が低く肺癌特異性が高い。
  異常値を示す病態・疾患
 
高値疾患
卵巣癌、乳癌、肺小細胞癌、肺腺癌、肺扁平上皮癌
参考文献
     黒田 雅顕:医療と検査機器・試薬29(6):597~602,2006
     河合 忠 他:臨床検査機器・試薬 16-6-1232~1238 1993
  関連項目
    NSE(神経特異エノラ-ゼ)SCCガストリン放出ペプチド前駆体(ProGRP)癌胎児性抗原(CEA)シアリルLex-i抗原(SLX)

  検査方法: CLEIA
  基準値:
3.5以下(ng/mL)
  所要日数: 2~4
 
  実施料: 175点,(1)1項目の場合 360点 (2)2項目以上の場合 400点
  判断料: 生化学的検査(Ⅱ)判断料144点
  区分: D009(14),B001(03ロ)
  レセプト名: サイトケラチン19フラグメント(シフラ),悪性腫瘍特異物質治療管理料(その他のもの)

検体・容器 
血清    0.8mL
ポリスピッツ
冷蔵
備考
 検体の混和・攪拌により低値傾向を示す場合がありますので検体の取り扱いにはご注意ください。



(c)SRL.Inc,2014.