電解質 (ナトリウム、カリウム、クロール) の単位換算について教えてください。

  • 【mEq/Lからg/Lへの換算】

    ナトリウム (Na) の場合
    測定値 (mEq/L) × 23 (原子量) ÷ 1000 = g/L
    蓄尿の場合は測定値 (mEq/L) × 23 (原子量) × 尿量 (mL) ÷ (10の6乗) = g/day

    *カリウム (K) は原子量が39.1のため、上記の原子量の数値を39.1にして換算します。
    *クロール (Cl) は原子量が35.5のため、上記の原子量の数値を35.5にして換算します。

  • 【mEq/Lからmmol/Lへの換算】

    Na、K、Clともに1価のイオンのため、 1 mEq/L = 1 mmol/Lになります。

  • 【クレアチニン換算値】

    ナトリウム (Na) の場合
    ナトリウム (mEq/L) ÷ クレアチニン (mg/dL) × 100 = クレアチニン換算値 (mEq/gクレアチニン)

    *K、Clの場合も同様の換算式になります。

関連検査項目
Na (ナトリウム) new window
K (カリウム) new window
Cl (クロール) new window

HLA-A,B (血清対応型タイピング)、HLA-DR (血清対応型タイピング) の報告書に 1つしか記載がない事がありますが、これはどのような場合でしょうか?

HLAの型は両親から1つずつ遺伝するもので、 たまたま同じ型を遺伝した場合は見かけ上、1つの型しか検出されないため、 1つの型のみの報告 (ホモ型) となります。

なお、血清対応型でホモ型でも、遺伝子型では遺伝子レベルでの詳細な結果が得られるためヘテロ型となる場合があります。

(例) : HLA-A (血清対応型タイピング) で「A1,-」の結果が得られた場合、 HLA-A (DNAタイピング) では「A*01:01,-」のホモ型である場合もありますが、 「A*01:01,A*01:02」や「A*01:01,A*01:03」などのヘテロ型の結果となる場合があります。

≪参考≫
HLAは父親由来のものと母親由来のものとで異なる型を示す場合があり、 異なる型を示すものを「ヘテロ型 (異型接合体) 」といい、同じ型を示すものを「ホモ型 (同型接合体) 」といいます。

関連検査項目
HLA-A,B (血清対応型タイピング) new window
HLA-DR (血清対応型タイピング) new window
HLA-A (DNAタイピング) new window
HLA-B (DNAタイピング) new window
HLA-DRB1 (DNAタイピング) new window

このページの先頭へ戻る ▲